日日光進・更新・交信。アナタへの健康波動---。


by jinsei1

鬼面っ!


この鬼面見てやって!
a0009666_15213950.jpg
テルアビブで演説するオルメルト首相=ロイター

 イスラエル:オルメルト首相、停戦拒否改めて表明
 オルメルト首相は演説で「停戦は行われていないし、これからもない」と言明。「我々はテロの恐怖のない人生を送るという目標を決してあきらめない」と述べ、レバノン南部からヒズボラの脅威を取り除く決意を改めて表明した。




こちらの顔と比較して、皆さん如何?
a0009666_1522199.jpg
 ヒズボラ指導者ナスララ師



☞ 遠隔治療のお薦め

☞ 寝てる間に、ボケ防止




 【エルサレム樋口直樹】イスラエルのオルメルト首相は31日夜、テルアビブで演説し、レバノンのイスラム教シーア派民兵組織ヒズボラとの停戦を改めて拒否した。また、イスラエル紙ハーレツ(電子版)によると、同夜から1日未明にかけて開催された治安閣議は、レバノン南部への陸上部隊の投入拡大を承認。国際部隊が国境付近に配置されるまで停戦に応じない方針を決めた模様だ。

 オルメルト首相は演説で「停戦は行われていないし、これからもない」と言明。「我々はテロの恐怖のない人生を送るという目標を決してあきらめない」と述べ、レバノン南部からヒズボラの脅威を取り除く決意を改めて表明した。

 また、治安閣議の参加者はAP通信に対し、30日夜に始まったレバノン南部での48時間の空爆停止が終わった後、「総力で」空爆を再開するとともに、陸上部隊の増強を図ることが承認されたと語った。イスラエル軍は空爆停止後もレバノン南部の数カ所で陸上部隊によるヒズボラとの戦闘を継続。限定的な空爆も続けられている。

 レバノン南部カナでのイスラエル軍の空爆で50人以上の民間人が死亡し、即時停戦を求める国際世論が高まる中、オルメルト政権は国連安保理での停戦決議採択への動きを視野に、レバノン南部からのヒズボラ掃討作戦を一層加速させる方針とみられる。

毎日新聞 2006年8月1日 10時51分
by jinsei1 | 2006-08-01 15:25 | オイ オイッ