日日光進・更新・交信。アナタへの健康波動---。


by jinsei1

カテゴリ:健康情報( 45 )

◇善玉を育てて悪玉を減らせ

◇「オヤジが臭い」わけ

◇恋愛は微生物の交換だとか…
a0009666_21502293.jpg
by腸内フローラと健康  もっと(とても読みでありです)

 ヒトの体にはつねに100兆個以上の細菌がすみついており、常在菌という。抗菌ばやりの昨今「菌」と聞いただけで敬遠されがちだが、美と健康を保つためいろいろ役に立っているらしいのだ。その働きについて生物医学研究所(兵庫県淡路市)所長の青木皐(のぼる)さん(62)とともに考えた。【大森泰貴】  もっと詳しく
by jinsei1 | 2005-06-02 21:40 | 健康情報
理研チーム、原因遺伝子を発見 治療薬の開発に光--

プレスリリース 独立行政法人 理化学研究所 
椎間板ヘルニアの原因遺伝子を世界で初めて発見
- 腰痛、座骨神経痛の治療につながる大きな一歩 -

 毎日新聞によりますと、若年層に多発し、なかなかの難治症で、患者を痛みで苦しめ、対症療法での対応しか術を持たないでいた治療舎を悩ませて来た、椎間板ヘルニアが、遺伝子レベルの研究により、原因遺伝子(「CILP」というたんぱく質)が発見され、治療薬開発の光が見えて来た様です。
原因遺伝子を発見 治療薬の開発に光
腰椎椎間板ヘルニア
激痛病棟
by jinsei1 | 2005-05-03 08:21 | 健康情報

赤水対策

 去る25日(月)朝、出勤前に「近所に工事に来たついでによらせて頂きました---。赤水検査してみませんか?」と、まじめそうな、工事用の作業服をきちんと着た小柄な30代くらいの男性が訪ねてきました。
で、5時からと言う事で、早めに帰宅。
a0009666_12592163.jpg
5時過ぎに、この洗浄器と写真の若手とを伴って、宅地内配管に圧搾空気を送り込んで、洗浄が始まりました。(若手が、朝の男性を「監督さん」と呼んでいました)
a0009666_1362575.jpg
ご覧の様な、赤水!
蛇口接続の浄水器は付けていたのですが、点検窓が1カ月もしないのに赤くなるはずでした。以前混合栓のコマを、自分で取り換えましたが「お客さん、こんな水飲んでんですか?」とハンズの店員に言われましたっけ。

a0009666_1321491.jpg 実は赤水検査はきっかけで、ウン10万円のセラミック活水坊錆器の取付工事が本丸でした。「このままだと、鉄管に孔が開いて、たいへんな費用と手間と不便がかかりますよ!便宜を図りますので、本部の終業6時半までに、本部に契約の報告をさせて呉れませんか」との事でしたが、断りました。
ご訪問のみなさんの所では「赤水対策」如何なされていますか?断ったのでどんな製品かはわかりませんが、ネット検索したら、左の商品がありました。きっとこれだろうと思います。
by jinsei1 | 2005-04-30 13:04 | 健康情報

タンパク質の音楽

☆知人の深川洋一(東大物理卒)さんの、処女作「タンパク質の音楽」(ライフログ掲載)をお薦めします。
彼はこの理論の実践を:東京女子医科大学のスタッフと組んで、謂わば現代医学が匙を投げたような、ガン患者などの難症患者の治療を行っています。☆

a0009666_1144539.gifタンパク質と音楽。まったく関係がないように見えるこの2つの事柄が、実はとても深く結びついているのです。地球上のあらゆる生命活動が、タンパク質の奏でる音楽に左右されていると言っても過言ではありません。
“タンパク質の音楽”の用途はさまざま。正しく利用することによって、近い将来、農業や医療の世界に革命がもたらされることになるでしょう。

その“タンパク質の音楽”に関する世界初の本が筑摩書房から発売されました。タイトルはまさしく『タンパク質の音楽』(ちくまプリマーブックス130)。本体価格1200円です。
このホームページよりも詳しく、しかも本だけに載せた話も多数。
《タンパク質の音楽》についての講演も行なっています。


タンパク質の音楽
          /深川 洋一    ちくまプリマーブックス130

牛に音楽を聞かせると乳の出が違うとか、クラシックを流していると美味しくパンが発酵するなどという話題をよく聞きます。
正直言うとこの本を読むまでは、半信半疑でした。
しかしどうも眉唾ものとか、トンでも話とはちょっと違う、科学的検証が始まっているようです。

簡単に言うと、音の波動が物質のもつ波動性質に共鳴して、生命活動の変化を引き起こすということのようです。
モーツァルトやベートーヴェンの曲中の「あるフレーズ」が、タンパク質のアミノ酸配列のピッチによく似ていて、その共鳴作用によって、タンパク質合成に大きな影響を及ぼすのです。
牛は音楽を聴くことによって、お乳の構成タンパク質が増産されるのです。

これだけ聞くとやっぱりホントかよ~と思いますよね。
私もそう思いました。
素人考えでも、様々な疑問が残ります。
現在では、体内の色々な酵素の働きや体内システムは、以前考えていたような単純な関係で成り立っていないことが判っています。
ひとつの酵素がある箇所では促進を促し、ある臓器では抑制を、またその濃度によっても効果が全然違ってきているのです。
故に音の波動が体内活動に影響があるとしても、単純に増産されたから元気になりましたとは言えないのではないでしょうか?
また、この考えの根本には、物質の波動性質が重要な鍵となっています。
とすると、タンパク質合成作用だけではなく、あらゆる物質の配列や関係が自然の音やあらゆる波動性の影響下にあるといわなくてはなりません。
そうなるとそれこそ天文学的な組み合わせの中で、考えてゆかなくてはならなくなります。

もちろんこの新量子力学理論は、今産声を上げたばかりです。
今後は、何処までこの理論に普遍性があるのか、冷静な研究を待たなければならないと思います。

しかし、しかしです。
より単純なバクテリア実験や熟成酵素の比較実験は、音楽があるなしの短時間で明らかな差異が認められますし、第3者による植物や家畜実験結果も確実に集まってきているようです。
それに、実験による副作用のデーター開示は、どこか科学的手法の正しさのように思えてきます。

かのアインシュタインが、ある実験データーの結果から、古典物理学の常識に反する光の粒子性を発表したのは、26歳の若造でした。
常識で理解できない現象は、非常識な公理の温床なのです。

音痴な私は、音楽公式などは全く分かりませんが、流行の癒し系音楽には確かにホッとするところはありますし、読経や聖歌、はたまた各地の民族音楽もどこか胸の奥底では同じ基盤を感じます。
あれは母の胎内だったのか、それとも地球生成間もない焼けつく海の中で聞いた歌なのだろうか。
徳(のり)さんの読書感想文 2000年11月 より抜粋。

2001.4.14
「タンパク質の音楽」を読んで
深川洋一著、「タンパク質の音楽」を読んだ。
フランスの物理学者、ステルンナイメール博士の唱える「スケール共鳴」なる現象を紹介したものである。
生物の細胞内でタンパク質が合成されるときに量子的な性質の波動を伴うとのこと、その周波数は極めて高いものだが、それを人間の可聴域に次数を落すとタンパク質の種類に固有のアミノ酸配列に従ったピッチの音高列が出来、それが音楽の旋律のような様相を呈する。逆にアミノ酸配列に従ったピッチの音高列を生物に「聴かせる」と共鳴作用によってそのタンパク質の合成が活発になるそうである。
酒蔵でモーツアルトを聴かせたら旨い日本酒が出来たとか、乳牛に聴かせたら乳の出が良くなったという事例を「スケール共鳴」現象で説明したり、実験的にタンパク質固有の音高列を聴かせた場合と、そうでない場合で作物の収穫量への影響を確認した事例を紹介していてたいへん興味深い。
また著者は、なじみ深い楽曲にあらわれる旋律がどのタンパク質に固有な音高列かを分析し、どういう影響が人体に及ぶかといったことについても言及している。
音楽が人体におよぼす影響には精神的な面と、物理/生理的な面があると思われるが、後者における影響の一部がかなり明らかになったことで、物理/生理的に好ましい音高列を用いた音楽の登場が予想される。ただ、そうした他人の企てにはまるのは個人的にはうれしいことでは無いが。
極端な例かもしれないが人体に有害な「音楽」も作り得るわけで、倫理的な自制の必要性についても筆者は警告している。
さて、この本を読んでの疑問だが「作曲」という行為が精神的なものだけではなく、無意識のうちの生理的な欲求の結果と考える事もできるのではないだろうか?つまり、そのときその作曲家の体内で必要としていたタンパク質の合成にかかわる音高列が無意識のうちに頭に浮かぶということがあるのだろうか?
作曲はもちろん脳の活動だが、精神的活動と思われているものも実際はタンパク質のやりとりに帰するところがあるとすれば、どのタンパク質がどういう「旋律」を持っているかを知った者は音楽の神ミューズに音楽の楽園から追放されるかもしれない。
もうひとつ、これはアイデアだが・・・・
かつてこの地球上には数々の民族音楽が発生したたわけだが、もし民族によってタンパク質の多少の偏りというものがあるのなら、タンパク質を切り口に民族音楽を分析することができないだろうか?

参考文献:
深川洋一 「タンパク質の音楽」筑摩書房
峠を思うより抜粋。
by jinsei1 | 2005-03-26 11:44 | 健康情報

花粉症

花粉症などで、ひどい「鼻づまり」でお困りの方へ。
a0009666_8263310.jpg

解消グッズの「試供品」を、無料で差し上げます。
就寝中・在宅中に鼻柱の「挟鼻穴」に、
引き延ばして、貼り付けます。
(皮脂をあらかじめ、よくお拭き取りの上貼り付けます)

貼りつく間は、連続(3~6日)使用可能です。

鼻づまりでお困りの方々は、
お届け先を、「非公開コメント」にチェックを入れて、お知らせ下さい。
そしてもし、試用されて、効果がなかった場合には、ご一報下さい。

なお、押し売りでは有りませんので念のため。
息苦しかったり、夜も眠れないほど本当に辛い方のみ、
送り先を添えて、お申し越し下さい。
守秘義務を持つ仕事がら、知り得た個人情報は、
しっかり守秘いたしますのでご安心のほどを。

a0009666_828258.jpg「サンテープ・イエロー」と申します。
素材はゴムテープで、出来ています。
私のオリジナルグッズでして、ほかに「サンテープ・ブルー」「サンテープ・レッド」「サンテープ・ブラック」などがあります。それぞれ用途は異なりますが、患者の皆さんから喜ばれ評価を得て、必要に応じて購入頂いております。
by jinsei1 | 2005-03-19 08:25 | 健康情報

スチームオーブンレンジ

伝統的お家芸「二匹目狙い」さてさて、狙い通り二匹目の泥鰌(ドジョウ)となりますや?
先駆「ヘルシオ」(シャープ)売れ行き好調につき、
a0009666_13461262.jpg

それ、わが社も続けと、6月1日より、真似した電器と陰口叩かれる松下が、ヘルシオより機能強化した、レンジとヒーター、スチームの三つの熱源を持つ「スチームオーブンレンジ」 をと発表。
a0009666_13584182.jpg
メニューに応じ「レンジ」「ヒーター」「スチーム」の3つの熱源を巧み に組み合わせて加熱。庫内の温度や湿度をきめ細かくコントロール して、食材の旨みと食感を最大限に引き出します。火加減の難しいグ リルや蒸し料理も、これからはこれ一台におまかせです。
エラー表示案内や操作確認を音声でお知らせ。操作に戸惑うことなく、安心して使えます。
スチーム用の水タンクは、フロントの操作パネルの下に集約。
側面や背面にすき間をおく必要がないので、キッチン空間が有効に使えます。

2機種を発売するそうな。調理中に素材の余分な脂分や塩分をカットしてくれるとか、オープン価格だが、30リットル型が8万5000円前後、23リットル型が7万円前後になるとか。

張り合い、価格定価競争してくれると、手が届くかもよ!
by jinsei1 | 2005-03-18 13:51 | 健康情報

温めて生き生き元気!

寒波が何日か居すわりそうです。今年一番の寒さを齎すとか。

そこであなた、お尋ねします。以下の様な症状はありませんか。
体が冷えているというサイン
上から順に---。
目の下にクマ。鼻の頭が赤い。赤ら顔。
唇が紫っぽい。歯茎の色素沈着。
青アザが出やすい。クモ状血管腫。手のひらが赤い。
生理不順・不正出血。痔出血。下肢静脈瘤。足のむくみ。
(以上石原結實医学博士による)

低体温は、前進の細胞・臓器の代謝を悪くし、体表の静脈系の小血管の流れが滞って「瘀血」になります。
上記の他覚症状に伴い、肩こり、頭痛、めまい、耳鳴り、動悸、息切れ、神経痛などの自覚症状に悩まされます。
「瘀血」をその儘に放置しておりますと、心筋梗塞・脳梗塞などの病気に進展します。
ご用心ご用心!

では、これから先、ご一緒に体を温めましょうか。

治療にホカロンを生かしています。
温めて生き生き元気!
 では、今夜は右の「期門」に寝間着の上から「貼るカイロを貼って休んで下さい。(何故、期門なのかは、追々お分かりになってきます。それに本当は、気入れした貼るカイロを作って、患者みなさんにお分けております。)
 もう、ずいぶん以前の話ですが、実家が鉄工所を営んでいた奥さんが、治療に見えてた頃のお話ですが、「鉄工所の職工たちが、冬になると、鉄の細かい切り子を布袋にくるんで、濡らして防水紙で包み、カイロの代わりにしてましたよ」私はその時言ったものです。
「その時に、特許なり実用新案なり登録すべきでしたねぇ」と。
それからずっと、時を経てロッテがひょんなことから実用新案を取得して、ホカロンを生み出し製菓業が、ロッテ電子なる会社を起こし、まるで畑違いの分野で創業者利益を存分に得たようです。
(すでに権利期間は終わって、各社が製品を作っています)」

ひょんなきっかけで、生まれた「ホカロン」の誕生秘話
ホカロン秘話
by jinsei1 | 2005-01-30 19:41 | 健康情報

サリドマイド禍?

大変お気の毒!妊娠中お母さんが不眠に悩まされた末のご苦労。右手足が硬縮、顔面も右向き、右足軸になると膝外展のため外折れ。それでも仕事に向かっておられる様な時間帯。追い越したときの顔立ちは、懸命に急いでいる真剣さに溢れていました。
a0009666_18291978.jpg
五体満足に生み落として貰った者としては、常日頃の不平不満勿体なく・申し訳なく言えません。

ご機嫌よう。チョコッとjinseiの
励みに、クリック↓宜しく!。

by jinsei1 | 2004-12-20 18:36 | 健康情報

こんなに細くっちゃ

あなたねぇ、これじゃ踵が不安定で、早晩腰を傷めますぜ!
a0009666_20221310.jpg
(画像クリック、拡大して良くご覧下さい)
それにこんなので踏んづけられた日にゃ、考えただけでもイテェ~。

ご機嫌よう。チョコッとjinseiの
励みに、クリック↓宜しく!。

by jinsei1 | 2004-12-18 20:24 | 健康情報

意図的?!

くねくね、くねくね、柔らかく。
a0009666_1934235.jpg
a0009666_1942036.jpg
背骨が、「四つ足歩行の動物」の様に、はたまた地べたを這う「ヘビ」の様に「くねくねくねくね」歩行に合わせて、柔らかく動いています。
ひょっとしてこの方、背骨の自動矯正を意図して、腕の振り方を考えていらっしゃる。声掛けしてその辺、確かめて見たかったのですが---。

私も「くねくね歩行」しょうと思われましたら、
クリック↓宜しく!。

by jinsei1 | 2004-12-13 19:16 | 健康情報