日日光進・更新・交信。アナタへの健康波動---。


by jinsei1

カテゴリ:幹物語( 46 )

影剣士

蔦伐り翁 いざ出陣!
a0009666_10252698.jpg

助っ人
a0009666_10231632.jpg

この轍を、二度と踏ませない様に
a0009666_10375895.jpg

成敗
a0009666_10144751.jpga0009666_10151395.jpg
a0009666_1012744.jpg
a0009666_1012373.jpg

a0009666_1019143.jpg
a0009666_10205350.jpg
a0009666_10211861.jpg

供養
a0009666_10104326.jpg
a0009666_10102036.jpg

by jinsei1 | 2005-04-07 10:13 | 幹物語

蔦成敗

中々に、シブトイやつ奴で、去年春、根元を切り離したのに上はしぶとく生きてて、秋の終わりに、思い切って柵を乗り越え、背と手の届く範囲まで伐り離して、ご覧の通りなんとか成敗なりました。
a0009666_1892023.jpg

a0009666_18112924.jpg
a0009666_18142867.jpg

by jinsei1 | 2005-04-05 18:08 | 幹物語

傷癒えて

太い葛に巻きつかれ、締め上げ傷、
半年過ぎた現在ここまで埋まりました。
a0009666_10451162.jpg

解放してあげた半年ほど前はこうでした。根元
by jinsei1 | 2004-11-06 10:47 | 幹物語

舞茸?

a0009666_184911.jpg
一昨年伐られた大木の切り口に、大きな切り口に生えた茸です。
グルメのみなさん、これって食べられますか?

追記:山に関し物知りお婆ちゃんに、今朝教わったところ、
食べられないそうで~す。

by jinsei1 | 2004-06-13 18:50 | 幹物語

苦労してます

a0009666_172557.jpg崖上の奥の公孫樹は毎年秋には、
多くの実りを恵んでくれます。

崖下からの竹は去年から上へ上へ、
公孫樹の幹や枝の間を縫って、
伸びています。


お蔭で枝葉は、天辺の方に僅かだけ。

柔軟性があると言うのか、
無いというのか。


少しでも良く陽にあたれる様にと、

ひたすら上へ上へ、
苦労してます。

所で、あなたは?
by jinsei1 | 2004-06-05 17:27 | 幹物語

お漏らし

a0009666_15311.jpg
重い話のお後の息抜きです。

by jinsei1 | 2004-05-24 15:32 | 幹物語

太り罅

a0009666_192440.jpgこちらも、昨日の雨を、
たっぷりと吸取り、
外皮を罅割って、
新鮮な色の溝が出来、
その分、右が太りました。

さぁ、純ちゃん、
成果を挙げて、
どっしり太りましょう。
by jinsei1 | 2004-05-21 19:25 | 幹物語

赤松

a0009666_182530.jpg小雨の今朝、
幹の赤が、
鮮やかに目に止まりました。








洗われて 緑に映える  赤い幹。
by jinsei1 | 2004-05-20 18:26 | 幹物語

輝く葉っぱ

a0009666_14225.jpg
晴れた五月の陽光に、
茂りを増した葉っぱが、
光輝いています。

(下の方の葉っぱの群に「奇形?」があります)

好天
奇形?

by jinsei1 | 2004-05-15 14:23 | 幹物語

緑目指して

a0009666_182732.jpg
一羽の鶏が登りかけています。
緑欲しさに?
イエ天辺目指して
四方に鴇の声を、と。

by jinsei1 | 2004-05-12 18:28 | 幹物語